フラメンコを始めよう

 

サパトスとファルダの選び方

レッスンを続ける決心がついたら、
サパトスといわれるフラメンコシューズと

ファルダ(スカート)を準備しましょう。

 

サパトスはほとんどがスペイン製で
つま先とかかとに小さな釘がびっしりと打ってあり、

この釘で音を出します。

 

全体的にほっそりした形のものが多いので、
できれば実際にはいてみて、購入するほうがよいと思います。

 

サイズ表記も日本のものとは違います。
足を打ち鳴らすので、

はきやすくて、足にあったものをえらびましょう。
先生に相談するのもいいですね。

 

ベーシックなものは黒ですが、さまざまな形と色があります。
バックスキンのものもありますが、

表皮のもののほうが、手入れがしやすく長持ちします。

 

最初はベーシックなものをそろえ、上達してくるにしたがって
いろいろとそろえるようにすれば、楽しみも増えますね。

 

予算は1万円から3万円くらいです。

 

ファルダは体にあったものを購入しましょう。
長すぎるとサパトスのかかとに引っかかって踊りにくいですし、

短すぎると持ち上げたときに足が丸見えになって、
思い切ってつかむことができません。

 

フレアーやマーメイド、
フリルが斜めに入ったものや、2段、3段になったものなど

素敵なものがたくさんあります。

 

ダンス用品を売っている店なら、1万円から3万円くらいですが、
インターネットでは5千円くらいのものもあります。

 

上はTシャツでもかまいませんが、
フラメンコ用のレオタードには、

袖口にフリルがついたものもあります。
形から入られる方は、気に入ったものを見つけてくださいね。

サパトスとファルダを準備しましょう関連エントリー