フラメンコの姿勢・身体の使い方

 

フラメンコの姿勢・身体の使い方

フラメンコは老若男女、誰でも踊れます。

 

でもうまくフラメンコを踊るためには
どのような姿勢をつくっていったらよいのでしょうか。

 

フラメンコを踊るためのたち方がポイントですね。

 

まず上半身と下半身を分離させること。

 

おへその下に力を入れて
体の芯を作ります。

この力はサパティアードを打つために使います。

 

その上に
肋骨をコルセットのイメージで閉めていきます。

 

中心に向かって
体をしめていく感じですね。

 

う〜んこれもダイエット効果大。

 

背筋を伸ばして骨盤を立てます。

 

その上に綿をほぐしたように
ふわっと胸をのせましょう。

 

ブラソは
肩甲骨から動かすイメージで大きくすると

とてもきれいにみえます。
脇がつぶれないようにしましょう。

 

いつもいつもそのイメージを崩さないように
踊ることができればとてもうまく見えると思います。

 

少し気をつけてみてください。

 

腰と上半身を反対にむけてひねって
顔は別の方向を向くなど

バラバラに動かすことも多いフラメンコですが、

 

それがスピーディにできるようになると
とても切れのある踊りになります。

 

見ていると簡単そうですが、
実際は上級者でもとても難しいことですので

最初は気をつけるだけで十分だと思います。

 

はじめは上手に踊るというより
丁寧に踊ることを目標としてみてください。

きっと体から変わってきます。

フラメンコの姿勢・身体の使い方関連エントリー