ブエルタ

 

ブエルタ

ブエルタとは回転のことです。

 

ブエルタは
ファルダが広がり、とても美しく見えます。

 

ブエルタにもいろいろな種類があって
何度も回転するものや、

右回り、左回りを連続して行うもの。

 

そして、特に特徴があるのは、
ブエルタ・ケブラータといわれるもので、

バレエなどとは違って、前かがみになって回る
回転の仕方です。

 

できるだで前傾姿勢で行えば、
頭を中心にしてからだが回っているように見えます。

 

うまくブエルタをするコツは、
なんといっても

「軸」をぶらさないこと。

 

そして、顔はからだと別々に回転させ、
切れを見せること。

 

顔は、できるだけ残して体だけ回転。
そして最後に一気に顔を戻します。

 

そして、次の振りに入る前に
一度ポーズを決める。

そのスピード感が体の切れにつながるのです。

 

目も回りにくいので、体の軸もぶれません。

 

その他の舞踊もそうですが、
上手な人は踊りに切れがあります。

フラメンコでは特に切れが求められます。

 

初心者ではどうしてもメリハリがなく
きびきび感がでないので、

踊りに切れがでにくいのです。

 

特に発表会などでは
上手に見せるために

体の切れに気を使ってみてください。

 

振り付け一つ一つを大切にして
腕の動きはできるだけ大きく、

ファルダも大きく広げて
自信たっぷりにブエルタを決める。

 

最初の発表会の目標にもなると思います。

ブエルタ関連エントリー