コンパスを感じる

 

コンパスを感じる

コンパスとは、フラメンコ特有のリズムのことです。

 

フラメンコのリズムは、
クラッシックや日本のものとは違って

独特な変拍子を持っています。

 

たとえばセビジャーナスは
3拍子が2回の6拍で1セットとなります。

 

アレグリアスでは
3拍子が2回、2拍子が3回の12拍で1セットです。

 

カンテもギターもそれによって動き、
踊り手もそれにのっておどります。

 

日本人になじみにくいのは、
アクセントが必ずしも1拍目に来ていないこと。

 

またパルマをうつ手と
リズムを取る足が必ずしも一致しないこと。

 

言葉でいうとなんだかとても難しそうにみえますが、
実際におどるようになって

音楽が耳に入るようになると
自然に聞こえてくるようになります。

 

ただそれまでは意識をして
アクセントの位置や

拍のはじめと終わりを聞いてみるようにしましょう。

 

曲想にあわせたコンパスだけのCD,もあります。

 

こういうCDがあるくらいですから
誰にとってもきっと難しいものなのでしょうね。

 

生まれ育った環境や言葉など
私たちはスペイン人とまるで違います。

 

ただ、フラメンコを楽しむことについては
スペインも日本も関係ありません。

 

楽しくコンパスを感じてみましょう。

コンパスを感じる関連エントリー